INFORMATION

新着情報

新しい保護基を用いたシステイン誘導体

2012.11.19


従来のTrt(トリチル)基に比べてラセミ化率が低く、且つTFA量の調節により、 選択的な脱保護も可能です。